第18回日本音楽療法学会学術大会での研究発表を募集します。事例研究と学術研究いずれかの発表で、発表形式は口演発表またはポスター発表です。

目次

応募資格

①応募時点で日本音楽療法学会の正会員であり、2017年度の学会年会費と第18回大会参加費を納入済みであること。

②共同研究者・共同発表者も本学会員に限る。

③学生会員は正会員との共同研究であれば発表が可能だが、その場合でも筆頭発表者になることはできない。

④非会員は共同研究者・共同発表者となることはできない。演題原稿に氏名を記載することもできないため注意すること。

TOPへ

募集領域

  1. 児童 : 0〜18歳の子どもを対象にした事例研究、または学術研究(含実験)
  2. 成人一般 : 19〜64歳の青年・成人を対象とした事例研究、または学術研究(含実験)
  3. 高齢者 : 65歳以上の高齢者を対象とした事例研究、または学術研究(含実験)
  4. 精神科 : 特に精神科や心療内科に関する事例研究、または学術研究(含実験)
  5. 緩和ケア : 特にホスピスやスピリチュアリティの領域に関する事例研究、または学術研究(含実験)
  6. その他 : 上記1〜5に含まれない領域の事例研究、または学術研究(含実験)

TOPへ

発表形式

口演発表:
20分(発表15分、質疑応答5分)
ポスター発表:
※指定された時間は在席してください。
在席しない場合はポイントになりません。
  • 1人1題のみ応募できます。
  • 応募時に希望する発表形式を選択してください。ただし、査読・検討の結果、発表形式が変更される 場合があります。
  • 採択された方には発表方法(口演・ポスター)の詳細について通知しますが、これに関する変更は受 け付けませんのでご了承ください。また、発表日時は事前案内でご確認ください。
  • 今大会では、口演のみに座長が配置される予定です。

TOPへ

演題原稿の体裁・注意

必ず指定のテンプレートを本ページ下の「各種テンプレート」よりダウンロードして演題原稿を作成してください。

  • 事例研究の場合:「対象者および目標」「方法」「経過および結果」「考察」
  • 学術研究の場合:「研究の目的」「方法」「結果」「考察」「結語」
  • 原稿はすべて、図表(カラー不可)も含めてA4サイズ1枚におさめてください。
  • Word で作成し、上下左右の余白はすべて20mm、1行の文字数は48字、総行数は40行に設定してください。
  • 本文の字体は明朝体、文字サイズは10.5ポイントで入力してください。演題は中央寄せでゴシック体 太字12ポイント、氏名(所属)は右寄せでゴシック体太字11ポイント、項目(方法、考察等)は、ゴシック体太字10.5ポイントで作成してください。
  • 共同発表者のある場合のみ、筆頭発表者の氏名の前に○をつけてください。
  • 募集締め切り後は、提出された原稿の修正は一切受け付けません。

TOPへ

口演発表者の使用可能機器 ※なるべくご自身のパソコンを持参してください

  1. 発表会場には、Windows10のノートパソコン(PowerPoint2007-2016、CD-ROM ドライブ、USBポート)が設置されています。
  2. Microsoft PowerPoint(パワーポイント)で作成した発表スライドを、CD-R、DVD-R あるいは USBメモリに保存してご持参ください。VHS(ビデオテープ)、MDによる音声・映像の再生はできませんのでご了承ください。また、OHCもございません。
  3. 発表の中で音声および映像を使用される場合、他のプレゼンテーションソフトを使用される場合は、必ずご自身のパソコンをお持ちください。
  4. Windows Vista および Macintosh 上で作成したデータを使用される場合は、必ずご自身のパソコンをお持ちください。
  5. パソコンとの外部接続は、画面出力用にミニ D-sub15ピンコネクタケーブル、音声出力用にオーディオケーブルを用意しています。特殊な接続機器はお持ちください。また、画面の解像度は1024×768サイズに設定してください。
  6. 発表前に必ず、会場に設営されるメディアセンターにてメディアチェックを受けてください。

TOPへ

対象者またはその保護者への説明と同意書について

  1. 症例を学会発表することを希望する方は、対象者またはその保護者に対して、そのことを伝え、同意 を得る必要があります。また、個人情報の取り扱いについては、個人が特定されない方法で発表されることを説明する必要があります。もし個人の名前や姿が発表の中に含まれる場合には、そのことについての対象者本人、または保護者の同意を得ることが必須です。
  2. 「同意書」とは、以上の内容に対して対象者(または保護者)などが同意を書面で証するものです。 演題応募時に「同意書」を提出する必要はありませんが、大会主催者もしくは学会本部から原本確認の要請があった場合にはいつでも提出できるよう、厳重に保管しておいてください。また、個人情報 に関わることなので、同意書の紛失や流失が起こらないよう十分お気を付けください。
  3. 「同意書」は、大会第3次案内35ページの紙面もしくは本ページ下の「各種テンプレート」よりダウンロードしたものをご使用ください。

TOPへ

誓約書の提出について

演題応募者は「誓約書」を提出してください。提出する誓約書は、大会第3次案内37ページの紙面もしくは本ページ下の「各種テンプレート」よりダウンロードしたものをご使用ください。

  1. 同意の誓約:この項目は、上記の同意書を求められた場合、いつでも提出することを誓約するものです。
  2. 未発表の誓約:この項目は、支部大会や他の機関で発表していないことを誓約するものです。

誓約書提出方法・期限

  • 署名後の「誓約書」は、コピーを手元に保管の上、原本を演題登録後1週間以内かつ演題募集締切日(当日消印有効)までに、下記送付先に郵送で提出してください。
  • 「誓約書」に署名および捺印が無いものや、期限内に提出されないときは、演題の応募受け付けを取 り消しとする場合がありますのでご注意ください。
  • 「同意書」「誓約書」は、日本音楽療法学会の倫理的配慮義務にあたります。これらの倫理的配慮義務にそぐわない行為が生じた時には、学会倫理委員会で調査・検討の上、処理にあたるものとします。

※倫理的配慮の詳細は、学会ホームページ「倫理委員会からのお知らせ」を参照してください。

誓約書送付先
(簡易書留など郵便記録の残る形で送付してください。)
東武トップツアーズ株式会社 高松支店 「第18回日本音楽療法学会 学術大会」係
  住所 :〒760-0023 高松市寿町2-2-10 高松寿町プライムビル8F
  TEL 087-851-6666 / FAX 087-851-6535

  「演題誓約書在中」と朱書きで明記してください。

TOPへ

応募方法・受付期間

応募方法:
大会ホームページ上の「各種発表応募」メニューから応募ページにアクセスして登録してください。 郵送・FAX での応募は受け付けません。
受付期間:
2018年4月9日(月)9:00〜5月11日(金)15:00まで
※最終日はアクセスが集中して動作が遅くなることが予想されます。
 余裕をもって登録を完了してください。
採否結果:
受付期間終了後に審査の上、筆頭発表者宛に郵送でお知らせします。

TOPへ

各種テンプレート