自由研究発表申し込み

申込締切:2017年4月5日(水) 24時

※延長しました

  • 申し込みには、演題と要旨集レジュメの登録が必要になります。
  • 原稿は下に説明する「自由研究発表の原稿様式」に基づき作成して下さい。
  • 原稿は ①研究の目的、②研究の方法、③倫理的配慮、④結果・考察という基本的な枠組みを示して執筆して下さい。
  • 結果・考察について「当日資料配布」という未完成の原稿は認められません。

自由研究発表の原稿様式

1. 1発表につきA4縦1枚(横書き)
2. 余白上下25o 左右20o
3. 文字数 1ページ 40字×40字
4. フォント
主 題:
12ポイント MSゴシック・中央揃
副 題:
10.5ポイント MSゴシック・中央揃
氏 名:
10.5ポイントMS明朝
所 属:
9ポイントMS明朝
会員番号:
9ポイントMS明朝
見出し:
11ポイント MSゴシック
本 文:
10.5ポイント MS明朝(だ・である調で記入)
記述内容
1.研究の目的、2.研究の方法、3.倫理的配慮、4.結果・考察

要旨書式

要旨集レジュメの様式は大会用ホームページからダウンロードできます。必ず所定の書式に従って提出して下さい。提出された原稿は、研究倫理、様式等を確認した上で、版下として印刷・製本されます。

発表資格

日本地域福祉学会員であることが条件です。尚、以下についてのルールが守れないと発表資格が無いと判断されることがありますのでご注意ください。

  1. 発表者は2017年3月末現在、日本地域福祉学会の会員として理事会で承認されていること(3月末までに新入会が認められた場合、4月末までに入会金、会費を支払うこと)が前提です。
  2. 発表の要旨集レジュメに、必ず会員番号をご記入ください。共同研究報告で1名でも会員番号の記載が無ければ発表要旨の受理が出来ません(入会申請中の場合は、入会申請中と記入して下さい。入会が認められ次第、会員番号をお知らせしますので、後日会員番号の記入をお願いします)
  3. 発表の申し込みをした会員は2017年5月12日(金)24時までに大会参加費を指定口座に振り込んで下さい。
  4. 2016年度分までの学会費は事前に必ず納入しておいてください。

発表件数

筆頭発表者(ファースト・オーサー)は1演題に限ります。したがって、演題の申し込みは必ず筆頭発表者が行ってください。演題の申込者と筆頭発表者が異なる場合は受理できません。
なお、筆頭発表者は発表とは別に、他の研究発表等で共同研究者として名前を連ねることは可能です。

演題採択

査読の結果、原稿の修正等を求めることがあります。修正を求められた場合には、修正コメントに基づいて指定した期日までに再提出をしてください。再提出がされない場合には、発表を受け付けられません。

分科会

自由研究発表(口頭)を申し込まれる場合には、希望する分科会を以下のリストの中からお選びください。

第1分科会 理論・歴史地域福祉に関する理論・歴史
第2分科会 制度・政策、権利擁護地域福祉に関する諸制度、政策、成年後見等の権利擁護等
第3分科会 主体・提供組織行政、社協、ボランティア・NPO、住民組織、社会起業等
第4分科会 対象・対象者高齢者、障害者、児童、生活困窮者、外国人等
第5分科会 地域福祉(活動)計画、運営管理地域福祉計画、地域福祉活動計画、運営管理、評価等
第6分科会 地域福祉の諸活動小地域福祉活動、見守り活動、サロン・居場所づくり活動等
第7分科会 地域福祉の方法ケアマネジメント、ネットワーク、コミュニティソーシャルワーク等
第8分科会 福祉教育・福祉文化学校教育、社会教育、ボランティア学習等
第9分科会 社会福祉施設・社会福祉法人社会福祉施設、社会福祉法人による地域における公益的な取組等
第10分科会 災害と地域福祉災害時要援護者支援、福祉避難所支援、災害ボランティア支援等

様式見本

Back to Top